マンションを早期に現金化したい!決済までスピーディーな買取の魅力

「新築マンションを購入して数年が経つが、老後のことも考えて売却して現金を作りたい」「新居へ住み替えたいので元の家を売りたい」など、さまざまな事情からマンションを売却して現金化したいと考える人はたくさんいます。

その際、売却方法には大きく分けて「仲介」と「買取」の2種類あることを覚えておきたいものです。特に、中古マンションを早期に売却できる「買取」について、あまりよく知らない人も多いのではないでしょうか。今回は、特に買取に焦点を当ててマンションの売却方法をご説明していきます。

マンションをすぐに現金化できる売却方法とは?

一般的な売却方法である「仲介」だと、買い手がなかなか見つからず現金化まで長い時間を要するケースもあります。そこで、もう一つの方法「買取」を利用すると現金化までの期間を短縮できます。

マンションを短期間で現金化できる「買取」とは?

買取とは、不動産会社に直接マンションなどの物件を買い取ってもらう不動産売却方法です。仲介業者を利用する必要がないため、数十万円以上に及ぶ可能性のある仲介手数料を支払わずに済むのが大きな特徴の一つです。また個人に対する売却ですと、売却後に見つかった物件の瑕疵に対する瑕疵担保責任を負う必要がありますが、買取では多くのケースでこの瑕疵担保責任が免責となります。

買取を手がける不動産会社は、買取後にリノベーションして再販売し、利益を出そうとします。つまりリノベーションやリフォームなど、建物に付加価値を出すためのノウハウを有しているので、仲介では売りにくいような物件でも買い取ってくれることがあるのです。室内に汚れや残置物が残った物件、築年数の古い物件、地方にある物件などでも買い取ってくれるので、仲介で売れなかったからといって諦めることはありません。

買取のメリット

売主から見た買取のメリットは、とにかく決済までスピーディーであることです。買い主を探す必要がないため、仲介による売却と比べてスピーディーに売却までこぎ着けられます。不動産のデメリットとして「流動性が低い(=現金化しにくい)」と言われることもありますが、買取を利用すればある程度このデメリットを克服できると言ってもよいでしょう。

スピーディーであるだけでなく、ニーズに応じてスケジュール調整しやすいのもメリットです。たとえば急な転勤や転職によって現在の住まいを手放さなければならなくなったケース、離婚や相続による財産分与を行うケース、あるいは住み替え先の入居タイミングに合わせたいケースなど、スケジュールに合わせて柔軟に対応してくれることが多いです。

「強引に契約締結まで話を進められてしまい、安く買いたたかれるのではないか」と不安に思う人もいるかもしれませんが、その必要はありません。ノウハウ豊富な不動産会社であれば、取り扱ってきた物件データを集めたデータベースを持っています。このデータベースに基づき、客観的に物件の買取価格を算出しているため根拠を示してくれますので、不当な価格になる可能性は低いです。場合によっては、希望を伝えたり交渉したりすることで売却価格の調整を行うこともできます。

近所の人や友人・知人に知られにくいというのも、買取の持つ秘かなメリットです。どうしても仲介による売却ですと、チラシやWebサイトなどに広告を掲載したり、購入希望者の内見対応を行ったりと、販売活動をしなければなりません。この過程で近所の人に知られてしまい、気まずい思いをする物件所有者は少なくないのです。その点、買取であれば不動産会社とクローズドな場所でコミュニケーションを取ればいいわけですから周囲の人に知られることなく売却できます。

買取によるマンションの現金化にかかる期間と売却時の注意点

「スピーディーに売却できる」と言っても、具体的にどれくらいで契約まで進められるのでしょうか。また、買取を利用するに当たって注意すべきことはないのでしょうか。具体的に買取の利用を考えるようになったときに、気になる点についてご説明します。

買取にかかる期間の目安

もちろん交渉次第で左右されますが、数日~数週間程度で手続き完了となるケースが一般的です。買取のメリットの箇所でご説明したように、短くても数ヵ月は見込むべき仲介と比べれば短期間で現金化できると言えるでしょう。

なお実際の日数は不動産会社や物件などによって異なる可能性もありますので、売却までの日数が気になるのであれば、査定の段階で確認しておくことをおすすめします。こちらも先ほどお伝えしたとおり、短期間の売却だけでなく引渡しが先になる場合でも希望に合わせてスケジュール調整をしてくれる不動産会社もあります。「こんなこと言ったらわがままと思われないか」「希望を伝えたら足元を見られるのではないか」と不安に思わず、ぜひ担当者に伝えるようにしてください。

買取を依頼するときの注意点

買取のメリットを既にお伝えしましたが、必ずしもいいこと尽くめとは言えません。買取によるマンションの売却価格は、仲介市場での取引価格よりもどうしても低くなる傾向があるからです。不動産業者は、物件のリノベーション・リフォームなどの工事費用、その後の再販売の際の広告宣伝費などの投資を必要とします。この投資分を買取価格に反映させるため、どうしても割安になってしまうというわけです。

仲介ですと、買取価格が高くなる一方で売却まで時間がかかります。買い手が見つからなければ、いつまでも売れずに管理費・修繕積立金や固定資産税など所有にかかるコストもかさんでいきます。買取ですと、買取価格が割安である一方でスピーディーに売却できます。

時間がかかってもよいから高く売ることにこだわるなら仲介、とにかく早く確実に売りたい・仲介だと売れるか心配ということなら買取など、物件状況や自分の置かれた立場に応じて適した売却方法を選べるのがベストでしょう。

なお、購入時の価格よりも高く売れ、取得費や譲渡費用などの諸費用計算しても売却益が出る場合、税金支払いが必要となります。所有期間によって税率は異なりますが、譲渡所得が発生したということで譲渡所得税住民税などを課税されます。各種特例の適用で特別控除を受けられることもあるものの、そもそも確定申告などの処理が面倒になるため注意が必要です。

スピーディーに現金化できるスター・マイカの空室物件買取

スター・マイカでは、創業時より中古マンションを専門に買取を手がけています。スター・マイカの空室物件買取の特徴や手続きの流れ、代表的な利用事例についてお伝えしましょう

スター・マイカの空室物件買取の特徴

最大の特徴は、豊富な買取実績です。累計10,000件以上の買取実績を持ち、買取を行った物件はリノベーションマンションとして販売を行っています。実績が豊富であるということは、中古マンションの魅力を引き出すノウハウが多様かつ豊富であるということです。築年数が古い、地方にある、設備が故障しているなど一般的な不動産会社では買取の難しそうな物件であっても積極的に買取を行っていますので、相談してみましょう。

査定から現金化までの流れ

まずは査定依頼フォームかお電話からお問い合わせください。物件の状況や引き渡し希望時期、希望価格などについてヒアリングさせていただき、その後当日か翌営業日にはお電話かメールで机上価格(簡易査定価格)」をご提示します。査定を依頼しても、この時点ではまだ必ず売らなければいけないわけではありません。机上価格を参考に、売却の是非を検討してください。

机上価格に満足して売却することにしたら、当社担当者が現地訪問いたします。室内状況や土地、周辺環境などを確認して、希望条件などを加味したうえで正式な「買取金額」をご提示します。この時点で具体的な引き渡し時期やそれまでのスケジュールなども説明させていただきます。

価格や各種条件にご満足いただけるようであれば、いよいよ売買契約に入ります。取引条件などの重要事項についてご説明し、十分ご理解いただいた後に売買契約書を交わします。この際に、売却代金の一部を手付金としてお支払いします。こちらの契約書に収入印紙を貼付し、印紙税を支払う必要があります。

その後、残代金受領および引き渡しの登記手続きを行います。こちらについても、事前に必要書類や手続きなどについてご案内いたします。住宅ローンの抵当権の抹消や住所変更の登記が必要な場合は、登録免許税司法書士の報酬などの登記費用支払いもあります。これらの手続きが済んだら、買取手続きは完了です。

マンションの買取事例

転職によって収入が下がり、住宅ローン返済が厳しくなると予想されるため早期に売却されたいお客様、あるいは買い替えのため一定期間内に自宅を売りたいが仲介による販売活動でなかなか成約に至らないお客様など、早いうちに売却したいお客様の事例が多いです。

マンションを早期に売却したいなら買取の利用を考えよう

マンション売却と言えば、まず仲介によって第三者への売却を考える人が多いでしょう。しかし、早期の売却を優先したいのであれば買取の方がニーズに合っているかもしれません。不動産会社へ査定を依頼するだけであれば無料なので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

TOP

お電話はこちら
0120-503-070
営業時間/9:30~18:30