マンション買取の流れ|短期間で物件を資金化できる不動産の売却方法

マンションを売却する手段の一つである「買取」には、短期間で手続きが完了するメリットがあります。買い手が個人ではなくプロである不動産会社なので、スケジュールや価格などの条件交渉がスムーズなことも特徴です。

そこで今回は、買取手続きの流れに加えてメリットについてご説明します。流れを理解することはもちろん、どんなメリットがあるのかを自分で事前に理解し、本当に買取サービスを利用するべきか否かを判断できるようになりましょう。

マンション買取の主な種類

不動産売却方法には、主に「仲介」と「買取」の2種類に分かれます。仲介は不動産会社と媒介契約を結んだ上で第三者に物件を売却するやり方で、買取は不動産会社に直接物件を売却するやり方です。

空き家の場合

既に空き家となっている物件を売却するのであれば、仲介と買取両方とも考えられます。ただし、築年数が古く室内の印象が悪い場合や、利便性の悪い立地の場合、個人の方に評価されにくいため、あえて仲介よりも買取を選択した方が売却しやすいです。売却価格は仲介より比較的低いというデメリットもありますが、売りやすさを重視した方がよいでしょう。

買取の方がおすすめできる理由は、クリーニングや残置物撤去が不要であることです。不動産会社がどちらも対応してくれることもあります。また遠隔地に引っ越すときなど、内覧の対応が困難な場合も買取の方がよいでしょう。仲介であれば購入希望者の内覧に毎回対応しなければなりませんが、買取であれば不要です。

居住中の場合

居住中の住宅を売却する場合にも、買取の方がおすすめできるケースがあります。
居住中では、空き家の場合と異なり売却時期と引っ越しのタイミングの調整が必要である点が大切なポイントです。売却時期に制約がある場合は、売主の都合に柔軟に合わせやすい買取がおすすめです。

たとえば、居住中の住宅を売却して別の家を買い替えるケースを考えてみましょう。できれば、引き渡しタイミングを新居への転居に合わせたいものです。引渡しを転居のタイミングまで待ってもらったり、引き渡し猶予を設定したりする必要があります。引き渡し猶予とは、残代金の受け取りから引っ越しまで1週間ほど待ってもらうことです。もちろん、一般的な仲介であってもこういった条件を付けることは可能ですが、買い手側も事情があります。買い手側も自身の引っ越しのタイミングに合わせて引渡しのスケジュールを設定したいと考えるので、調整が困難です。

なお、売却後も同じ家に住み続ける選択肢もあります。これがリースバックです。所有している自宅を売却し、買主である不動産会社と新たに賃貸借契約を結ぶことで、賃料を払って同じ家に住み続けられるわけです。

リースバックは、売却をして資金を得たいけれど引っ越しはしたくないという方におすすめです。売却した資金を得てから次の住居を探したい場合や、子供の学区を変えたくない場合などが考えられます。

マンション買取のメリット

中古マンションの買取の流れをご説明する前に、買取のメリットについて理解しましょう。買取を利用するべきケースがどういったものか考えていただければと思います。

短期間で資金調達ができる

前述の通り、買取ですと短期間で売却を実現できます。場合によっては、1週間程度で現金化できるケースもあります。仲介では、決済まで3ヵ月から6ヵ月程度かかるのが一般的です。そして、この期間で必ず売却できるとは限りません。買い手が見つからない限り、いつまでも売却できないままなのです。

また、仲介ではないため仲介手数料がかからないのも大きなメリットです。

築年数が古い物件も売却しやすい

仲介で売却しにくいタイプの一つが、築年数の古い物件です。当然一般の購入希望者は築浅で利便性が高く、資産価値も高い物件を好みます。室内の印象が悪いと購入意欲が湧きません。そのため築年数の古い物件を仲介で売りに出しても、なかなか買い手は見つからないのです。

その点、買取の場合はこうした物件でも売りやすいです。不動産会社は、リノベーションやリフォーム、クリーニングを行う前提で買取を行います。そのため築年数が古くても問題ないわけです。

さらに、買取の場合は売主の瑕疵担保責任が免除されるケースが一般的です。瑕疵担保責任とは、物件の傷や欠陥に対する責任を指します。仲介で個人に売却した場合は、1ヵ月から3ヵ月程度は瑕疵担保責任の発生する期間として設定されます。この間に瑕疵が発見されれば、売主に費用を支払う義務があります。
瑕疵担保責任の設定されないケースが多い買取は、売主にとって有利な売却方法であると考えられます。

周囲に売却することが知られにくい

仲介ですと、チラシやインターネットなどの手段を通じて販売活動中であることを公開する必要があります。また購入検討者に対して複数回の内覧対応を行い人の出入りが生じるため、自ずと近所の人に売却希望があることを知られてしまうでしょう。

これに対し、買取であれば広告や複数回の内覧が不要であるため、周囲の人に知られるリスクは少ないです。売却を検討していることを知られたくない売主にとって、買取は有力な選択肢となるはずです。

引っ越しのスケジュールを立てやすい

短期間で売買契約を締結できるため、新居への引っ越しが決まっている場合も対応しやすいです。引っ越しのスケジュールを立てやすいのはもちろん、住宅ローンの二重返済も抱えずに済みます。

個人間の売買が一般的である仲介に比べると、仲介では契約から引き渡しまでの期間設定が柔軟にできる傾向にあります。前述の引き渡し猶予のように残代金の入金タイミングと引っ越しをずらして設定することもできます。

マンション買取手続きの流れ

最後に、買取手続きの流れについて簡単にご説明します。以下の手順を踏まえて、実際に不動産会社に問い合わせるとよいでしょう。

売却相談

最初に、マンション買取の仕組みや売却にかかる諸費用などについて相談します。売却までの流れや現在の悩み、疑問なども問い合わせできます。電話やメールなどを通じ、無料で応対してもらえます。査定価格を算出するための情報を不動産会社に伝えましょう。

簡易査定価格(机上査定価格)の提示

この段階では物件の調査などを行わず、ヒアリング内容や周辺物件データなどを基に査定額を提示してもらえます。これを簡易査定価格(机上査定価格)と呼び、相談から1~2営業日程度で連絡が来ます。

簡易査定なので正確性が心配かもしれませんが、ある程度実績のある不動産会社であれば豊富なデータやノウハウを持っていますので、それほど不正確な結果にはならないでしょう。しかし、連絡を直接とりたいばかりに初回の簡易査定では高い査定価格を提示する不動産会社がいるのも事実です。
不安であれば、複数社に査定してもらうのもよいかもしれません。何社分か査定結果を得ることで、より客観性の高い物件の価値を知ることもできます。

現地調査

買取額など簡易査定の結果に納得して本格的な売買手続きに入る場合は、次に現地調査へ移ります。買取担当者が現地を訪問し、室内状況や周辺環境などを確認します。

買取金額の提示

現地調査の結果や市場価格などを元に、正式な買取価格を提示します。この時点で、引き渡しまでの具体的なスケジュールや手続きの流れなどを連絡してもらえるはずです。これらの情報を確認した上で、契約するか否かを判断することになります。売却を決断したら、通知された必要書類の準備に入ります。

不動産売買契約の締結

重要事項説明書の内容に同意してから、売買契約書にサインします。引き渡し条件や瑕疵担保責任の有無、売却金額など、契約内容をよく確認し納得してから契約を締結するようにしましょう。

物件の引き渡し時にお金が支払われるとともに、税金や公共料金、管理費の清算を行います。場合によっては、最初に手付金を支払ってから残りを後日など、分割して代金が支払われることもあります。また、所有権や抵当権の抹消など登記手続きも進めます。これらの手続きが完了したら、買取完了となります。

買取業者は買主でもありますが、仲介会社同様に書類の準備や司法書士など専門家とのやりとりのサポートや、各種注意点を教えてます。不安な点や疑問が生じた場合は、きちんと相談してみましょう。

短期間で不動産を現金化できる買取手続きの流れを理解しよう

仲介に比べて、短期間で不動産を現金化できるのが買取のメリットです。プロである不動産会社とだけやり取りするので、手続きが滞る可能性も低いです。不動産買取の手続きの流れも、それほど複雑ではありません。興味があれば、仲介と比較して検討してみてはいかがでしょうか。

TOP

お電話はこちら
0120-503-070
営業時間/9:30~18:30