スター・マイカの
マンション売却マガジン
「ウリラボ」Powered bySTARMICA

お問い合わせは0120-503-070(営業時間/9:30~18:30)
menu

中古の定期借地権のマンションは売れにくいって本当?売却のポイント・注意点

10年ほど前から、都心部を中心に「定期借地権マンション」が話題になっています。

50〜70年間といった期限付きであっても、都心部の立地の良さと、通常の新築マンションではあまりないような「低価格」に魅力を感じて、購入を検討されている方も多いでしょう。

一方で、「定期借地権マンションは、買う時は良いですが売る時は大変」と言われています。

そこで今回は、定期借地権マンションをいずれ売却したいと思っている方に向け、中古の定期借地権マンションを売却する際のポイントや注意点を解説します。

定期借地権マンションに現在お住まいの方も、今後定期借地権マンションに住むことを検討されている方も、ぜひご覧ください。

買い替えをご検討の方へ
売り時を逃さないためには「今」の査定価格を知ることが必要です

査定依頼フォームをご入力いただくだけで、最短2時間で簡易(机上)査定価格をご連絡いたします。

定期借地権マンションとは

まずはじめに定期借地権マンションとは何かについて見ていきましょう。

定期借地権
定期借地権とは、期限を定めて土地を賃貸借する権利のことです。

一般的な土地の借地権契約では、借地人が請求すれば賃貸借契約が更新されます。

また、地主がこれに異議を申し立てられるのは「正当な事由」がある時に限られます。

しかし、「定期借地権契約」は更新が認められず、契約期限が来ると無条件で土地が返還されるという仕組みです。

契約期間は一般的に50〜72年ですので、「契約期限内に人生を全うするだろう」という方も多いでしょう。

この定期借地権を利用して、デベロッパーが地主から借り受けた土地に建てるのが「定期借地権付きマンション」です。

定期借地権が注目される理由

近年、なぜ定期借地権マンションが注目されているかというと、一番の理由はその「安さです。

定期借地権マンションは、同地域にある同レベルの分譲マンションに比べ、3〜4割程価格が引き下げられていることがほとんどでしょう。

その他、運用時のコストにおいても、定期借地権マンションは「土地分の固定資産税がかからない」というメリットがあります。

買う時には定期借地権マンションが人気である理由

定期借地権マンションの人気のポイントとして、以下の3つが挙げられます。

定期借地権マンションが人気である理由

  1. 価格が他のマンションと比べて安い
  2. 利便性の高い立地
  3. 土地になじんだ高品質なデザインが多い

定期借地権マンションは、実ははじめから人気があったわけではありません。

どちらかというと、当初は「土地をいずれ返却しなくてはならない」というマイナスなイメージが強く、物件数は一時期減少傾向にありました。

しかし、2008年頃から都心部では恒久的な「土地不足」になってきた影響や、寺院などの土地を持つ地主に対するデベロッパーの積極的なアプローチが功を奏し、人気が集まるようになりました。

中古の定期借地権マンションが「売れにくい」と言われる理由

定期借地権マンションが売れにくいとされる理由には、大きく分けて以下の3つがあります。

定期借地権マンションが売れにくいとされる理由

  1. 定期借地権の残存期間が差し迫ってくるため
  2. 居住可能期間が住宅ローン期間より短くなってしまう可能性があるため
  3. 修繕積立金が年々高くなってくるため

新築では人気を集める定期借地権マンションですが、中古の場合は「いずれ土地を返却しなくてはならない」という前提条件や、残存期間の状況から、やや人気が落ちる傾向にあります。

「定期借地権の残り期間がどれくらいあるか」という点で見ていく時に注意しておきたいのが、住宅ローンの期間です。

マンションを購入する際、多くの方は30〜35年程を目安に住宅ローンを組みます。

しかし、定期借地権マンションの残存期間が35年を切っている状態だと、マンションを手放したとしてもローンだけが残ってしまう状況になります。

また、マンションは規模が大きくなればなるほど、築年数が経った時の「修繕積立金」の額が大きくなっていきます。

ある定期借地権マンションでは、築3年時の修繕積立金は1万円程ですが、30年後には8万円程になるというシミュレーション結果も出ているようです。

築5年以内の定期借地権マンションは高価格で販売されることもある

では、中古の定期借地権マンションは実際にどのような価格で売買されているのか、この章で解説します。

現在、中古の定期借地権マンションはあまり売買されていないかというと、決してそのようなことはありません。

例えば、築5年未満の都心部の定期借地権マンションは、新築購入時より高値で売買されていることも多いのです。

「中古の定期借地権マンションは売れにくい」と言われていながら、なぜこのようなことが起きているのでしょうか。

定期借地権マンションが高価格で売買されている理由

定期借地権のマンションが高価格で売買されている理由としては、人々のライフスタイルが変化し、不動産購入=「終の棲家」ではなくなってきていることが考えられます。

一昔前までは、「家を買うことは永住する家を手に入れること」という考えを多くの人が持っていましたが、現代では主流ではなくなりつつあります。

最近では、家を購入した後でも、より自分たちの生活にフィットする家に住み替える、「買い替え」をする人も多くなってきました。

このような傾向の背景には、一戸建てやマンションの購入を検討する際に、重視されるポイントが変化していることがあります。

株式会社リクルート住まいカンパニーが実施した「物件を検討するうえで重視する項目」の調査の結果は、以下の通りです。

物件を検討するうえで重視する項目

出典:株式会社リクルート住まいカンパニー「2019年新築マンション契約者動向調査  」(2019年)

上のグラフから「価格」の他に、「最寄り駅からの時間」や「通勤アクセスの良いエリア」といった立地条件が重要度が高いことが分かります。

つまり、転勤や進学などで環境が変わった際、住み替えをする人が多いことが分かるでしょう。

このような理由から、たとえ期限付きの物件であったとしても、定期借地権マンションへのニーズが高まっていると言えます。

中古の定期借地権マンション売却のメリットとデメリット

この章では、中古の定期借地権マンションを売却する際のメリット・デメリットについて整理しておきましょう。

まず、メリットとして以下の3つが挙げられます。

中古の定期借地権マンション売却のメリット

  1. 都心部にあり立地条件の良い定期借地権マンションは、購入希望者からのニーズも非常に高い
  2. 同レベルの他のマンションに比べて低価格なので、価格競争でも優位
  3. 築浅物件の場合はデザインや雰囲気の秀逸なものが多く、第一印象が良いケースが多い

中古の定期借地権マンションは、立地条件の良さや価格帯から、ニーズが高い傾向があります。

築年数がかなり古い物件などでない限り、それほど売れにくいということはないでしょう。

一方、デメリットとして次のようなものが考えられます。

中古の定期借地権マンション売却のデメリット

  1. 築年数が進むと居住期間も短くなってしまい、価値が下がる
  2. 長期的な住宅ローンを組んだ場合、築年数によっては居住期間よりもローン期間が長くなってしまうリスクがある

中古の定期借地権マンションのデメリットとしては、「期限付き」の契約である点が大きいでしょう。

ローンや築年数の関係から、購入を避けようとする買い手もいます。

中古の定期借地権マンションを満足いく価格で売却したいのであれば、残存期間の長いほうが良いと言えます。

まさにこの数年間のタイミングが勝負時と言えるのではないでしょうか。

まとめ

中古の定期借地権マンションが特に売れにくいということは、今のところありません。

今でも、多くの中古定期借地権マンションの売買が相応の金額で成立しています。

また、現代の多くの方が持つ家に対する意向や価値観が、定期借地権マンションとマッチしていることも意識すべき点でしょう。

そのため、売主の方は弱気になり過ぎることなく、物件のアピールポイントについて伝えていきましょう。

ただし、売却に踏み切る際は早めの決断と行動をされることをおすすめします。

以下の記事では、マンション売却の流れや査定についても解説していますので、合わせてご覧ください。

お電話はこちら
0120-503-070
営業時間/9:30~18:30

「マンション売却のキホン」の関連記事

もっと見る

TOP