マンションの買取再販とは?
不動産を高く売却するためのポイント

不動産の売却を考えるときは、より高く、より早く買主を見つけるのがベストです。しかし、現実はそう簡単にはいきません。建物が老朽化している、駅から徒歩15分以上かかるなど、不利な条件を持つ物件ですとなかなか買主を見つけられないからです。

そこでご提案したいのが、買取再販の利用です。なかなか買主の見つからないような物件でも、買取再販会社には売却できることもあります。今回は、買取再販の概要と利用のポイントについてご説明します。

マンションの買取再販の基礎知識

「買取再販」とはどういった売買方法でしょうか。まずは、マンションの買取再販について、簡単に概要をお伝えします。

マンションの買取再販とは

マンションの買取再販とは、文字通り中古マンションを買い取って別の買主に再販(転売)することを指しています。買取再販会社はマンションの所有者から物件を買い取り、リノベーションやリフォームなどの手を加えて売りやすい状態にします。そして別の買主へマンションを販売し、利益を上げるのです。不動産業界に、こうした買取再販を得意とする会社があります。

こうした会社は、住宅ローンの返済に困った所有者の持つ任意売却物件や競売物件、仲介会社から紹介された物件などを仕入れ先として活用し、中古の物件を取得していきます。そして自社で仕入れた中古住宅にリノベーションやリフォーム工事を施すことで物件価値の向上を図っています。単純に老朽化した設備を補修するだけでなく、ターゲットに合うように内装やレイアウトを変更することもあります。

なお、買取再販会社には主に2つのパターンがあります。買取再販を専門、あるいはメインにしている会社と、仲介をメインとしている傍ら買取再販も行っている会社です。中には、仲介会社が買取再販の営業の割合を増やしているところもあります。東京圏や首都圏を中心に、最近では地方主要都市でも買取再販が増えてきており、大手デベロッパーの多くも買取再販に参入しています。近年、買取再販に関連して不動産取得税の軽減と登録免許税の優遇が決まったこともあり、今後も買取再販市場の伸びが期待されます。

マンションを買取再販会社に売却するメリット・デメリット

マンション所有者にとって、個人の不動産投資家だけでなく買取再販を行う不動産業者も売却先として考慮できるのには大きな意味があります。マンションを買取再販会社に売却すると、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

買取再販のメリット

買取再販の最大のメリットは、売却前にリフォームやクリーニングなどを行う必要がないことです。「室内の修繕が必須」「築年数が古い」「残置物がある」など、個人の購入検討者には悪い印象をもたれがちな要素があっても、買取後にリノベーションを行う買取再販会社にとっては影響が少なく売れる可能性が高まります。また、何度も内覧の対応をする必要がないのも、売主としては気楽です。

資金化までのスピードが早いのもメリットです。仲介を利用する一般的な形態で物件を売却しようとすると、買い手が見つかるまでは現金化できません。成約まで至るには平均で数カ月かかり、1年ほどかかるケースもあります。

しかし買取再販会社であれば、買い手を新たに探す必要がなくスムーズに取引が進みます。「少しでも早く現金化したい」と考える不動産所有者にとって、買取再販会社に売れる可能性があるというのは安心材料となるでしょう。不動産市場全体から見ると、既存住宅の流動性が高まるという言い方もできます。

仲介手数料がかからない点も見逃せません。買取再販会社自体が買主であり、仲介となるわけではないからです。

買取再販のデメリット

一方で、どうしても売却価格が相場より安くなる傾向にあります。買取再販会社は、仕入れた中古住宅にリノベーションやリフォームを施し売却することを前提として物件を買い取ります。不動産所有者がその費用を負担する必要はないのですが、その分だけ仲介を利用した市場での価格より安くなりがちです。

また、リフォーム工事不要の物件や築年数の浅い物件など、仲介市場での売却が十分に望める物件は買取再販に不向きと言えるでしょう。よほどスピーディーな現金化を迫られていない限り、買取再販会社を利用する必然性はありません。

マンションの買取再販会社を選ぶときのポイント

マンション所有者が買取再販会社を選ぶとき、どんな点に気をつければよいのでしょうか。買取再販会社にもさまざまなタイプがありますから、うまく比較検討することが求められます。

得意な物件タイプを確認する

会社によって、地域や物件タイプなどに得意・不得意があります。棟内や近隣地区に実績があるかどうかなど、その会社が多くの戸数を取り扱っている物件タイプの調査を怠ってはいけません。価格帯や住宅のタイプ、ターゲット層などをホームページや担当者とのコミュニケーションなどからチェックすることをおすすめします。

やはり、自分の所有する物件のタイプの取り扱いに強みを持つ買取再販会社を選ぶべきなのです。買い取ってもらえる可能性が高まるのはもちろん、高く買い取ってもらえる可能性があります。その買取再販会社にとって売りやすい物件である分、買取価格も下がりにくいからです。

複数の買取再販会社で査定してもらう

「所有する物件タイプを得意とする会社」をなかなか判断できないケースもあるかもしれません。この場合は、複数の買取再販会社に査定を依頼して相見積もりを取るとよいでしょう。

選定の際は、なるべく高く買い取ってもらえる買取再販会社を第一候補とするのが基本です。ただし、物件や資金状況なども踏まえ、資金化までの期間の長さや担当者の対応の誠実さなども考慮した方がよいでしょう。少し買取価格が高くても、手続き完了までスムーズにいかないと機会損失を被るリスクがあります。

物件売却の際は買取再販会社も検討しよう

所有する物件の売却を考える際は、仲介会社を利用して個人や法人の買い手を見つけるのが一般的です。しかし、物件の状態や市況によってはなかなか買い手が見つからず、現金化の難しいケースも少なくありません。

そんなときは、買取再販会社の利用を検討してもよいでしょう。確かに相場より安い価格で買い取られる傾向はあるものの、現金化のしやすさとスピードは大きなメリットです。所有していた物件をより魅力的に変貌させてくれる期待感が持てます。買取再販に関心を持たれたら、ぜひこうした買取再販会社に関する情報を集めていただければと思います。

TOP