住宅ローンが払えないときの対処法
自宅を手放さず住み続けるには?

様々な事情により住宅ローンが払えなくなった場合、「住宅ローンの一括返済を求められるのか?」、「家に住み続けられなくなる?」、「誰に相談するべき?」などの疑問が出てくるかと思います。住宅ローンは身近な問題であり、金利などがよく話題になる一方で、支払いが滞った場合の対処について十分な知識を持っている人は多くありません。この記事では、住宅ローンを払えない場合に何が起こるのかを説明した上で、住宅ローンが払えないときの対処法について具体的にお伝えしていきます。

住宅ローンが払えない場合に起こること

住宅ローンが払えなくなったらといって、すぐに家を失うことにはなりません。しかし、延滞が続けば住宅を売却する可能性が出てきます。住宅ローン支払いの遅延から延滞、ローン保証会社の代位弁済までの流れについて確認していきましょう。

住宅ローンが払えないとどうなるのか?

住宅ローンが払えない場合、まず、金融機関から、督促状という形での書面や電話などでローン返済を催促する連絡が届きます。その後も、住宅ローンの支払いの遅延が続くと「延滞」している状態になります。そこからさらに延滞が続いた場合、遅延損害金が発生し、ローン返済額が増加してしまう可能性もあります。

一般的には3ヶ月から半年ほど延滞が続いて、返済の見込みがないと判断された場合、ローン保証会社が債務者に代わって金融機関へ返済します。保証会社が債務者の代わりに住宅ローンを支払うことを代位弁済といいます。勘違いしやすいのですが、ローン保証会社が住宅ローンを肩代わりしたからといって、住宅ローンがなくなったわけではありません。ローン保証会社はあくまで立て替えたのであり、債権者が金融機関からローン保証会社に変わっただけであることに留意しましょう。

ローン保証会社による代位弁済が行われた後、保証会社は債務者に対して一括返済を求めます。住宅ローンの一括返済は、ほとんどの場合は応じられないでしょう。一括返済に応じられない場合、ローン保証会社による財産差し押さえの措置が取られ、住宅は競売にかけられます。連帯保証人がいる場合は、連帯保証人にローン返済が求められます。

このように、住宅ローンの支払いが何カ月も滞ると、住宅を手放さないといけなくなる可能性がある点をあらかじめおさえておきましょう。

ローン残高よりも住宅の売却価格が下回った場合は?

住宅ローンの延滞により住宅を売却することになった場合、住宅の売却価格が住宅ローン残高を上回ればローンは完済できます。しかし、売却価格がローン残高を下回った場合は、手元資金で返済しなければならず、新たな借金を作ることになりかねません。特に新築で購入した場合、多くの場合は売却価額が購入価額を下回るケースが多いので、売却価格がローン残高を大きく下回る可能性があります。数千万円単位で住宅ローンが残ってしまった場合は、返済が難しくなり、自己破産にまで追い込まれるかもしれないのです。

住宅ローンを完済するためにできること

住宅ローンを完済するためにはどんな手段があるでしょうか。いくつかの対応方法について確認していきましょう。

銀行に相談する

住宅ローンを滞納しそうな場合、住宅ローンを組んだ銀行に相談することが何より大切です。銀行に相談するタイミングは、住宅ローンの支払いを滞納する前が望ましいです。返済計画の変更(リスケジュール)によって、返済期間の延長や一定期間は利息分のみの支払いにするなどの対応をしてくれる場合があります。ただし、リスケジュールによって、返済期間の延長の記録が残って債務者区分が引き下げられたり、金利の優遇がなくなったりする可能性があります。

いずれにしても早い段階であれば、毎月支払う住宅ローンを一時的に減額したり、代替案を出してもらえたりするかもしれません。滞納前であれば通常の売却によって住宅ローンを完済できるケースもあり、ローン残高以上での売却が難しければ状況に応じて任意売却に切り替えることもできます。一人で抱え込まずに、早め早めに動くことを心がけましょう。

住宅ローンを借り換える

一度も住宅ローンの支払いの遅延がない場合、他の金融機関から住宅ローンを借り換えられる可能性があります。年齢的に住宅ローンの借り換えが難しい場合はリバースモーゲージの利用も検討してみましょう。リバースモーゲージとは、自宅を担保に融資を受けて、死亡後に家を売却して一括返済を行う仕組みです。年齢条件や担保となる物件の条件など様々な条件がありますが、マイホームに住み続けることができる手段なので、状況に応じて検討してみましょう。

生活費の見直しを行う

住宅ローン返済のために生活費を見直してみましょう。生命保険や自動車保険の解約、通信費や交際費などの見直しで、住宅ローン返済に必要な資金を確保できる可能性もあります。

住宅の売却を検討する

住宅ローンの支払いが困難な場合、住宅の売却を検討するケースもあります。住宅の売却は引っ越しや子供の転校など様々な問題が伴いますが、リースバックなど、自宅に住み続けられる手段もあります。リースバックとは、住宅を不動産会社に売却した後に、賃貸契約を結んでリース料(家賃)を支払いながら同じ家に住みづける仕組みです。リバースモーゲージとは異なり、融資ではなくご自宅を売却をする仕組みなので、対象となる物件の範囲が広いです。リースバックのような仕組みもあるので、住宅の売却=引っ越しと考えないで、総合的に判断していくことが大切です。

住宅ローンが払えないときの対処法と、してはいけないこと

住宅ローンが払えなくなった場合はどうすればよいのでしょうか。住宅ローンを払えない状態でも、今まで住んでいた家に住み続ける手段はあります。住宅ローンを払えなくなった場合の適切な対処方法と、してはいけない点についておさえていきましょう。

住宅ローンを払えないときの対処方法

住宅ローンを払えないときの対処方法として、「任意売却」という方法があります。任意売却は、金融機関などの債権者の了解を得て、ローン残高を下回る額での自宅売却を行う不動産取引です。任意売却は競売に比べると高い価格で住宅を売却できる可能性があります。競売の場合、マイホームから強制退去を求められる場合もあるので、競売よりは任意売却を選ぶべきです。

住宅を売却しない方法としては、「個人再生」を利用するという手段も考えられます。個人再生とは、住宅ローン以外にも借り入れをしていた場合に、住宅ローン以外の債務を減らせる債務整理手続のひとつで、裁判所を通じて行われます。一般的には任意整理よりも債務を減らす効果が期待できます。個人再生を行なった場合、住宅ローンは債権の対象から外せるので、自宅に住み続けられるメリットもあります。一方、「任意整理」は、裁判所を通さずに弁護士や司法書士などに依頼して債務を整理する方法です。任意整理の場合、利息や遅延損害金などをカットし、毎月の住宅ローン返済額を減らすことができて、自宅に住み続けることができます。いずれにせよ、住宅ローンが払えないという事実を冷静に受け止めて、その上でできる対処方法をひとつひとつ検討していきましょう。

住宅ローンを払えないときにしてはいけないこと

ここからは、住宅ローンを払えないときにしてはいけないことについて確認していきましょう。まずは、住宅ローンの問題を一人で抱え込まないことです。お金の問題は家族や周囲の人たちに話し辛いことでありますが、必ず解決方法はあります。一人で思いつめないようにしましょう。また、連帯保証人に支払いを押し付けて夜逃げすることは、彼らの信頼を裏切るだけでなく、経済的に困窮させることにもなります。夜逃げをしても債務は消滅しないので、根本的な解決にはなりません。新たに借金をして住宅ローンを返すのも、長期的に見て高い金利の借金に苦しむことになるのでやめましょう。そして、住宅ローンに関する知識のない人に住宅ローンの相談をしてはいけません。金融機関や不動産会社などの専門家に相談するのが好ましいといえます。専門家に現在の状態を包み隠さずきちんと伝えて、正しいアドバイスを受けた上で行動しましょう。

住宅を手放すなら不動産会社への売却がおすすめ

住宅を手放すことになった場合、なぜ不動産会社への売却がおすすめなのか。不動産会社に買い取ってもらうメリットとそれぞれの理由についてお伝えします。

不動産会社に買い取ってもらうメリット

不動産会社に買い取ってもらうメリットは数多くありますが、まず大きいのはすぐに現金化できる点です。その他、周囲に知られずに売却できる点、個人相手の取引と異なり契約の不安定さがない点、会社としての取引のため引渡し後に起こるトラブルが少ない点などが挙げられます。さらにスター・マイカの場合、価格査定から契約までの流れがスムーズであり、条件面が折り合えば売却までのスピードが速いのが特徴です。ご相談、査定は無料で行なっています。上述の住宅を売却した後も住み続けられる「リースバック」サービスも取り扱っています。

取引の流れ

スター・マイカでの不動産のお取引の流れは、下記の通りとなります。

【売却のご相談】
まずは査定依頼フォームまたはお電話にてお気軽にご相談ください。

【机上価格の提示】
お電話またはメールにて「机上価格」(簡易査定価格)を提示します。

【当社現地調査】
当社担当者がご自宅の室内状況および周辺環境の確認をさせていただきます。

【買取金額のご提示】
ご希望の引渡し時期等のご条件を調整の上、「買取金額」をご提示いたします。

【不動産売買契約のご締結】
担当者が取引条件等の重要事項の説明をいたします。十分ご理解いただいた後、売買契約を結んでいただきます。

【残金決済/お引渡し】
残代金の授受及び物件のお引渡し(登記手続き)を行います。

住宅ローンが払えない場合も解決方法は必ずあります

住宅ローンの支払いが難しくなった場合に何が起こるのか、どんな解決方法があるのかについてお伝えしてきました。大切なのは、一人で悩まずに早めに専門家に相談することです。以前に比べて現在では債務整理の方法も揃っているので、必ず解決手段は見つかります。安易な借金の申し込みなどはやめて前向きに問題解決に取り組み、ご自身と家族にとってベストの選択肢を模索しましょう。今回ご紹介した内容がご参考になれば幸いです。

TOP