マンション買取価格の相場を調べる方法│安心、お得に売却するには?

「住み替えたい」「資金が必要になった」「転勤することになった」など、マンションの売却には様々な理由があるでしょう。すぐにでも売却して現金化したい場合、「マンション買取」をおすすめします。マンションを手放すのが始めての方は「マンション買取って何?」と思われるでしょう。

そこで、マンション買取の基礎知識から、メリット・デメリット、マンション買取価格の相場を調べる方法、買取業者を検討する際のポイントなどについて、詳しく解説していきます。

マンション買取の基礎知識

マンション買取とは?

マンション買取とは、その言葉の通り、自分のマンションを不動産会社に買い取ってもらうことです。必要な手続きは不動産会社が行ってくれます。

不動産会社は、買い取った中古マンションをクリーニングやリノベーションをしたうえで売却することになります。
近年、こうしたマンション買取をする不動産会社が増えてきました。

マンション買取と仲介との違い

中古マンションを売却して現金化するには、買取のほかに「仲介」という方法もあります。

これは、不動産会社が買い取るのではなく、売主から依頼を受けた不動産仲介会社が買主を探し、双方の間を仲介して売買契約を成立させるというものです。いわゆる不動産業では、代表的な取引のスタイルといえます。

ただ、仲介の場合、買主を探さなければならないため、売却までに時間がかかり、結果的に現金化できるのが遅くなるのが一般的です。短期間で買主が見つかることもありますが、基本的にはっきりした売却時期が特定できず、資金計画を立てるのに苦労することが多いです。

また、場合によってはリフォームをしなければ売れないこともあります。さらに、買主を探すために広告したり、希望者に内覧したりしなければならないため、売却しようとしていることが近隣に知られてしまうことも考えられます。

不動産会社には、仲介手数料を支払わなければなりません。

一方、「買取」は、直接、不動産会社が買い取るため、希望のスケジュールに合わせてくれる場合が多いです。

マンション買取のメリット・デメリット

「仲介」と「売却」の違いがわかったところで、マンション買取のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

─ 現金化が早い
何より、不動産会社が直接、買い取ってくれるので、申し込みから引き渡し、決済までをスムーズに行うことができます。
当然、マンションの売却金はスピーディに受け取ることが可能です。
現金化を急いでいる方には、一番のメリットではないでしょうか。

─ 仲介手数料やリノベーションなどが不要
仲介ではないので、仲介手数料がいりません。買い取った不動産会社自身がリノベーションなどをするので、こうしたコストや手間も不要です。

─ 売却を秘密できる
チラシやインターネットなどの広告による宣伝活動や多数の内覧による人の出入りがないため、売却しようとしていることが周囲に知られにくいです。
不動産会社による査定の際に事前調査は必要になりますが、事情を話しておけば、近隣に知られないように配慮してくれるはずです。

─ 瑕疵担保責任が免責されることが多い
通常、不動産を売却した場合、引き渡し後にシロアリや給排水管などのトラブルが見つかった場合、売主は「瑕疵(かし)担保責任」を負わなければなりません。
買主から欠陥の補修や損害賠償を請求されることになります。
「仲介」による個人への売却では、こうしたリスクがありますが、マンション買取はプロの不動産会社が査定するため、瑕疵担保責任を免責することが一般的です。

─ 買い手がつきにくい物件でも買い取ってもらえる
中古マンションのなかには、築年数が古い、室内状況が悪いなど、仲介では売りにくい物件もあります。
こうした物件でも、マンション買取では、リノベーションやリフォームを前提としているので買い取ってもらうことができます。

デメリット

─ 仲介に比べて売却金額が低くなることがある
すでに述べたようにマンション買取では、不動産会社は再販売の際に必要な補修やリノベーションなどを行います。
工事費や販促費を掛けて再販売をするので、買取価格は、仲介市場での取引価格の6割から8割程度になるケースが多いです。
なかなか買い手が付かない物件や室内状況が悪く、リフォームを要する物件に向いています。

マンションの買取相場を調べる方法

では、あなたのマンションはいくらで買い取ってもらえるのでしょうか?
中古マンションの買取価格は開示されていませんが、仲介による一般的な市場価格が参考になります。
不動産会社と交渉するうえでも、市場での相場を把握しておくことは不可欠といえるでしょう。

国土交通省のサイトを活用する

よく利用されているのが国土交通省の「土地総合情報システム」です。無料でエリアごとの中古マンションの相場がわかります。
中古マンションに限らず、土地や土地付き建物の過去の取引価格も掲載されているのが特徴です。

参考:国土交通省「土地総合情報システム」

「不動産取引価格情報検索」のページから、「取引時期」「種類(中古マンションなど)」「地域」の3つの項目を選択し、見たい物件の情報を絞ることができます。

類似物件と比較する

自分の所持しているマンションと類似の物件の販売価格を調べてみるのも一つの方法です。これは、インターネットの相場検索サイトや雑誌などで調べることができます。
類似物件の1平米あたりの価格を計算すると比較しやすいでしょう。次のような計算式になります。

販売価格÷平米数=1平米あたりの価格

ただし、類似とはいえ、まったく別の物件であることを認識しておきましょう。より精度の高い相場を知りたいのであれば、所持するマンションと同じタイプの物件での過去の成約価格を調べるのがおすすめです。

マンションの買取を検討するときのポイント

不動産会社選びは慎重に行う

近年、マンション買取の不動産会社が増えています。買取を利用しようとする方は、ほとんどが初めての経験のはずで、どこの業者を選べばよいかがわからないのが普通だと思われます。

マンション買取の不動産会社にも、様々なタイプがあります。全国展開や都市部を得意とする大手、地元密着型、買取を専門とする業者もあります。

なかには、相場より極端に高い査定額を提示してくる業者もありますが、これには注意しなければなりません。高い査定額で誘い、後から理由をつけて売却価格を下げられてしまう可能性があるからです。こうした業者を避けるには、複数の不動産会社に査定を依頼し、価格を比較することが必要です。

何より重要なのは、信頼できる業者であることです。「上場企業なのか?」「買取実績は豊富か?」などは、判断するために役に立つ指標といえるでしょう。

買い替えの予定がある場合は申し込み時に相談する

マンションを売却するだけでなく、買い替えの予定がある場合は、買取業者にあわせて相談するとよいでしょう。不動産会社としては、仲介という別件の取引につながるため、より親身になってくれるはずです。

マンション買取と新しい物件の購入の進捗状況を把握できるので、あなたの希望を加味した買取のスケジュールを立ててもらうことが可能です。
売却の理由、取引に関する希望も申し込み時に相談しておけば、引き渡し猶予やリースバックなどの提案を受けることもできます。

買取とあわせて検討したいスター・マイカの「あんしんリースバック」

リースバック」という言葉が出てきましたが、これは、マンションの「売却」と「住み続けること」を同時に実現するサービスです。
所持するマンションの買取をしてもらい資金化することができても、新たな住まいを見つけて引っ越す必要があります。

リースバックでは、マンションを不動産会社などに売却後、リース契約を結んで、リース料金(家賃)を支払いながら引き続き住み続けることができます。まとまった資金が必要だけど、お子様の学区の事情などで転居を避けたい場合に有効です。

ここでは、中古マンション市場のリーディングカンパニーとして、約8000戸の買取・賃貸管理実績が強みのスター・マイカ(東証一部上場)が手がける「あんしんリースバック」を紹介します。

「あんしんリースバック」とは

「あんしんリースバック」は、自宅に住みながら、早期資金化を図りたい方向けのサービスであり、「まとまったお金が必要だけど、転居が難しい」という問題を解決してくれます。
スピーディに現金化されるうえ、その使途は自由。サービス利用の目的は様々です。

例えば、老後を視野に入れた場合、マンションを売却した資金で住宅ローンを完済できるだけでなく、固定資産税、管理費・修繕積立金からも開放されます。
月々の支払は、家賃だけとなり、老後の年金を補う頼りになる生活費となります。
何より、住み慣れた我が家から離れる必要がありません。けがや病気の治療費など、突発的な支出の補填にもなります。

また、住居の買い替えを考えている方の場合、新居の完成あるいは見つかるまで今のマンションに住み続けることができるため、仮住まいは不要です。
もちろん、現金化した資金で新築戸建ての土地購入など、引っ越し前に費用をまかなうことができます。

「あんしんリースバック」の特徴

「あんしんリースバック」は、「オーダーメイド型」サービスであり、あらゆる顧客層の、多彩なニーズへ速やかに対応することができます。
賃料(リース料)や賃貸借期間については、売主の要望を可能な限り反映し、柔軟に決められるのも大きな特徴といえるでしょう。
豊富な中古マンションの買取実績から、年齢や資金使途を問わず、幅広い物件タイプに対応できます。
査定依頼後は迅速かつ正確な買取価格を提示されるため、スピーディな現金化も大きな魅力です。直接取引のため、仲介手数料がないだけでなく、査定や買取価格の提示にも無料で対応してくれます。

「あんしんリースバック」では、今後も、24時間見守りサービスやIoT機器の提供など、様々なサービスの提供を予定しています。

買取相場を把握したうえで、信頼できる業者を選ぶ

マンション買取の基礎知識、「買取」と「仲介」の違い、マンション買取のメリット・デメリット、マンション買取価格の相場を調べる方法、買取業者を検討する際のポイントについて解説してきました。
マンション買取は、一般的な不動産業である仲介と違って、すぐに現金化できるという最大のメリットがあります。
その他にも、

・仲介手数料やリノベーションなどが不要
・売却を秘密できる
・瑕疵担保責任が免責されることが多い
・問題を抱えた物件でも買い取ってもらえる

などのメリットは仲介にはないものです。
ただし、仲介による一般的な市場取引価格に比べて売却金額が低くなることがあるというデメリットがあることも覚えておきましょう。
また、実際にマンション買取を利用する場合、買取相場を把握したうえで、信頼できる業者を選ぶ必要があります。本稿では、一部上場企業で、中古マンション買取の豊富な実績があるスター・マイカの「あんしんリースバック」も紹介しました。マンションの現金化、売却を考えている方は、買取とあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

TOP