スター・マイカの
マンション売却マガジン
「ウリラボ」Powered bySTARMICA

お問い合わせは0120-503-070(営業時間/9:30~18:30)
menu

リースバックによる資金調達が有効な理由とは?銀行融資や不動産担保ローンとの違い

資金調達に有効な手段としてリースバックがあります。
リースバックでは、自宅等の不動産を売却することで一度にまとまった資金を得ることができます。

事業資金にも利用できるので、個人事業主や中小企業の社長であれば知っておきたい資金調達方法となります。

この記事では、資金調達に使えるリースバックの基礎知識と、リバースモーゲージや不動産担保ローンとの違い、リースバックの流れ、リースバックで資金調達するメリット、リースバックで成功する方法を紹介します。

資金調達に使えるリースバックとは

リースバックとは、自宅等の不動産を売却し、そのままその不動産を借り続ける形式の資金調達方法です。

リースバックとは

買主と賃貸借契約を結び、買主(貸主)に毎月賃料を支払うことで売却した物件を借主の立場で継続利用できます。

リースバックは、資金調達といっても融資を受けたり出資を募ったりするのものではありません。
リースバックは、不動産の売却によって資金を得る資金調達方法であり、自宅等の不動産があれば誰でも利用することができます。

よくある使い道としては、個人事業主や中小企業の社長が自宅でリースバックを行って事業資金に充てるような利用方法があります。

事業主体が法人であっても、社長が個人で保有している自宅をリースバックし、その現金を会社に貸付けることで、事業資金に充てることができます。

よって、自宅を使ったリースバックは、個人事業主だけでなく、法人を経営している社長にとっても有効な資金調達手段となります。

リバースモーゲージとの違い

リースバックとリバースモーゲージは、どちらも自宅を使った資金調達方法です。

この章ではリースバックとリバースモーゲージの違いについて解説します。

リースバックとリバースモーゲージの違い

 

リースバックとは、不動産を売却して一度にまとまった資金を得る資金調達方法です。
自宅の所有権は買主に移転し、買主(貸主)に賃料を払うことで自宅に住み続けることができます。

一方で、リバースモーゲージとは、銀行から少しずつ融資を受ける資金調達方法です。
自宅の所有権はそのままであり、少しずつ借りていったお金は、本人が死亡したときに自宅を売却して一括返済することになります。

リバースモーゲージは、一度にまとまったお金を借りて少しずつ返済していく住宅ローンに対してお金の流れが真逆です。
そのため、「リーバース(reverse):反転する」と「モーゲージ(mortgage):貸付金」という単語からリバースモーゲージと呼ばれています。

リースバックもリバースモーゲージも、「自宅に住み続けることができる」という点は同じです。

しかしながら、リースバックは「売却によってまとまった資金を得られる」のに対し、リバースモーゲージは「融資によって少しずつの資金が得られる」点が大きく異なります。

リースバックは事業資金等の一度にまとまったお金が必要なときにも利用でき、リバースモーゲージは老後の年金代わりとして使うのが適切です。

リバースモーゲージについて、さらに詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

不動産担保ローンとの違い

この章では不動産担保ローンとの違いについて解説します。

不動産担保ローンとは、不動産を担保に入れて融資を受けるローンのことです。
無担保で借りるよりも長期かつ低利で借りることができます。

不動産担保ローンも資金調達方法の一つですが、リースバックとは以下のような点が異なります。

リースバックと不動産担保ローンの違い
メリットデメリット
リースバック・返済しなくて良いので資金繰りが楽になる
・利子が発生しない
・融資審査がない
・自宅の所有権がなくなる
・家賃の支払いが発生する
不動産担保ローン・自宅を所有し続けることができる
・無担保ローンよりも長期かつ低金利で借りることができる
・返済期限があり、利子も発生する
・融資審査が必要となる
・資金使途が限定されることがある

不動産担保ローンは融資ですので、借りるために審査があります。
借りる人の年齢や収入等も影響し、場合によっては借りることができないこともあります。

また、不動産担保ローンは融資であるため、返済が発生します。
資金繰りのために借りた場合、毎月、返済が発生すると逆に資金繰りが悪化してしまうことがよくあります。

資金繰りを乗り越えるために資金を調達するのであれば、返済の発生しないリースバックの方が有利です。

リースバックで資金調達するメリット

この章では、リースバックで資金調達するメリットについて解説します。

リースバックで資金調達するメリット

  1. 資金使途が自由である
  2. 銀行の審査が必要ない
  3. 自宅に住み続けることができる

1.資金使途が自由である

リースバックは、資金使途が自由です。

通常、銀行から融資を受ける場合、資金使途が指定されます。

資金使途
資金使途とは、お金の使い道のことです。

リースバックは「融資」ではなく「売却」ですので、得られた現金は当然自由に使うことができます。
返済の必要もなく、利子も発生しません。

融資の場合、例えば設備投資のために借りたお金は設備の購入にしか利用できず、従業員への給料の支払等に利用することができません。

ですが、リースバックで得たお金は「単なる売却代金」ですので、事業のために自由に使って構わないのです。

2.銀行の審査が必要ない

リースバックは融資ではないので、銀行の審査が必要ないという点が最大のメリットです。

例えば、自身が経営している会社や個人事業の財務状況が悪く、銀行から融資を受けにくくなっている状況であっても、リースバックであれば資金を調達することができます。

3.自宅に住み続けることができる

リースバックは、自宅に住み続けることができる点が大きなメリットです。
自宅を単純に売却すると、引越しの手間や費用が発生してしまいます。

リースバックであれば今の生活をそのまま継続することができるため、資金繰りだけに専念することができます。

引越しをしないので、外から見ると何も変わらないという点もメリットです。

また、リースバックでは買戻し特約を付けることも可能です。
一時的な資金難を乗り越えた後、買い戻す資金力を付けておけば再び自分のものとすることができます。

その他のリースバックのメリットについては、こちらの記事も合わせてご覧ください。

リースバックならスター・マイカの「マンションリースバック」がおすすめ

リースバックが資金調達に有効な理由はご理解いただけたと思います。

スター・マイカでは、「マンションリースバック」というリースバックのサービスを提供しています。

スター・マイカは、過去10年以上にわたるリースバック取引実績と、豊富な賃貸管理実績を持っています。
さらに、首都圏・関東圏を中心に中古マンション買取に関する豊富な経験を持ち、2021年現在で3000室を超える不動産管理ノウハウを有しています。

そこで最後に、スター・マイカの「マンションリースバック」についてご紹介します。

スター・マイカのリースバックのポイント

  1. 中古マンション保有戸数業界No.1だから、他社にはない柔軟な賃料と長時間の賃貸借期間で契約が可能です。中古マンション事業を営む上場企業各社の最新決算情報(2019年11月期末時点)に基づく当社調べによります。
  2. マンション専門に10年にわたる豊富な実績があります。
  3. 警備会社と連携した高齢者向け見守りサービスも提案しています。

スター・マイカは、リノベーションマンションの販売とともに、たくさんの賃貸マンションを保有することで安定したバランスの良い収益を得ています。

そのため、短期間のリースバックのご相談にも、長期間のご相談にも最適なご提案が可能です。
マンションでリースバックをするなら、マンション専門のスター・マイカへお任せください。

まずは、査定依頼フォームにお問い合わせいただければ、賃料と買取価格をご提示いたします。

リースバックに関するご質問もお気軽にお問い合わせください。

入力完了まで最短60秒無料査定! サービス紹介はこちら

お電話での無料相談も受け付けております
フリーコール 0120-503-070

まとめ

以上、リースバックによる資金調達について解説してきました。

リースバックで資金調達するメリットとしては、資金使途が自由な点と、自宅に住み続けることができる点です。

リースバックで成功するには、柔軟な条件に対応してくれるリースバック会社に依頼することがポイントです。

スター・マイカのマンションリースバックなら賃料と賃貸借期間を柔軟に対応できますので、ぜひ検討してみてください。

お電話はこちら
0120-503-070
営業時間/9:30~18:30

「リースバック」の関連記事

もっと見る

TOP